温泉

2012年10月14日 (日)

総湯「白鷺の湯」(湯涌温泉)

P1200929
金沢に行ってきました。

前々から行ってみたかった湯涌温泉に行ってきました。
写真は日帰り温泉施設である、総湯「白鷺の湯」です。

P1200930
上の写真では段差だらけの入口に見えますが、一応、スロープがあります。

入浴施設ですので、写真はここまでです。

疑われては困るのでカメラや携帯電話は財布や帰りのきっぷとともに貴重品ロッカーに預けました。

浴槽までは段差なしで何とかいけます。
さすがに浴槽は段差がありますが、手すりがあるので少し歩ける方なら浴槽に浸かることが出来ると思います。

ただ脱衣所はあまり広くないので少し窮屈に感じるかもしれません。

日帰り入浴施設といっても、銭湯並みのお値段なので(大人350円)シャンプーやタオルといった類はこちらで用意しないといけません。
(私は事前に分かっていたので持って行きましたが、お金を出せば手ぶらでもいけます。)

湯涌温泉観光協会のHPによると湯涌温泉の成分は以下の通りです。

ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸温泉


適応症に筋肉痛があったので歩きつかれた体にちょうど良かったです。

湯涌温泉があまり観光地化されていないので静かな雰囲気が残っています。

金沢駅からバスで30分強で行けるのでまた行ってみたいなと思います。

 

バリアフリー度:★★★

理由:施設そのものが少し狭いのが難点。車いすトイレがない(少し広い手すりつき洋式トイレはあります)のが残念。

2010年10月 3日 (日)

湯名人「湯めぐり手形」(下呂温泉)

P1120773

下呂温泉旅館協同組合で発売している有名人「湯めぐり手形」です。

1,200円で、組合加盟の旅館3軒のお風呂に入浴できます。

ただ、加盟している旅館によっては1時間しか開放していなかったり、混雑時には入れない場合があります。

また、タオル類は持参しなければいけません。

(忘れた場合はタオルを購入することになります。)

それでも、旅館の風呂を手形なしで入る場合、1軒あたり1,000円くらいかかるらしく、お得感があります。

P1120774

手形の裏はこんな感じになっています。

購入日のスタンプが押されています。

この日から半年の間が有効期限ですが、半年の間に3軒回らないと無効になります。

有効活用するには半年の間に再び訪れるか、購入日に3軒まわるかのどちらかになります。

この手形の最大のメリットは宿泊しなくてもその旅館のお風呂に入れるので、どれだけその旅館がお風呂に力を入れているのか自分の目で確かめることが出来ます。

印刷物やネットで広く感じる大浴場も実際見るとそうでもないケースも確かめることが出来ます。

(ちなみに私の場合、大浴場がどれだけバリアフリーなのかチェックしてたりします。)

入浴についてですが、下呂温泉の泉質の関係上、滑りやすいので入浴の際は注意が必要です。

バリアフリー度:★★★

理由:入浴料金に障害者割引は無いけれど、加盟旅館によってはバリアフリーでないところもあります。

2008年8月26日 (火)

日乃丸温泉

P1050833暑い夏とか、寒い冬には温泉に浸かりたいと思います。
時間がなければ諦めるしかないのですが、時間があれば行きたいです。

鳥取は駅の近くに温泉があります。
温泉旅館もありますが、銭湯の料金で温泉に入れます。

私が行ったのは鳥取温泉のなかにある日乃丸温泉という銭湯です。
鳥取駅から歩いて10分ぐらいで行けることと、営業時間が長いので、重宝しそうだと思いここに決めました。

湯船に浸かるとすべすべしたお湯なのが分かります。
また、海に近いせいか、少し塩分があるのも分かります。
市街地にこんな温泉があるなんていいなと思いました。

日乃丸温泉
鳥取市末広温泉町401番地
6:00-24:00
定休日:毎月第2月曜日(振り替え休日のときは火曜日)
ただし、1月と8月は無休

泉質:含食芒硝泉(緩和低張性高温泉)
泉温:源泉47.0℃
適応症:神経痛・関節痛・運動麻痺・痔疾・冷え性・病後回復期・疲労回復・健康増進
(以上、店の案内パンフより)

バリアフリー度:

理由:入口に段差無しで入れる

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック