e5489専用

2023年7月 6日 (木)

新幹線eチケットサービス

Shinkanseneticket 新幹線eチケットサービスが導入されてから3年ちょっと経ちましたがやっと使う機会が訪れました。
 
このサービスはえきねっともしくはe5489で全国相互利用できる10の交通系ICカードをあらかじめ登録し、ネット上で決済したら、普通では乗車できないICカードで乗車できるサービス。
 
えきねっとは東北・上越・北海道・北陸新幹線・山形・秋田新幹線の区間(ただし盛岡以北と山形新幹線の福島以北の特定特急券は未対応)で利用できますが、e5489は北陸新幹線区間のみ利用できます。
(e5489では東北新幹線などの予約そのものができません)
 
私は投稿日現在、えきねっとの会員ではないため、e5489で予約しました。
ですので必然的に北陸新幹線の区間の乗車になります。
 
乗車区間は糸魚川から黒部宇奈月温泉までのちょこっとの区間。
 
指定席だと通常よりも200円安いのですが、それ以上に自由席の値段の方が安いので自由席です。(隣の駅なので新幹線自由席特急料金は880円になりますが、指定席だと通常期で2,400円になります。)
 
本来、自由席だと乗車列車に記載はないのですが、eチケットには乗車列車の記載があります。
もちろん、自由席は記載列車でなくても乗車できます。
 
糸魚川発のこの時間、並行在来線に当たるえちごトキめき鉄道の列車まで待つとなると大阪まで帰れないのでこの区間だけ新幹線を利用して黒部宇奈月温泉駅とほぼ同一にある新黒部駅から富山地鉄で新魚津まで行き、そこから北陸おでかけtabiwaパスと敦賀から先の乗車券を使って大阪に帰りました。
 
先に決済をしているので交通系Cカードに残額が足りなくても乗車できます。
 
急いで新幹線に乗車するときに電車の中でも決済できるので便利ですが、JR乗車区間と新幹線乗車区間が違うと高くつくケースが多いのが欠点です。
 
また、現状では障害者割引が使えないのですが、来年には障害者割引が使えるようになります。

2023年4月18日 (火)

北陸おでかけtabiwaパス

TabiwahokurikuodekakeJR西日本のアプリWESTERでのみ購入できる北陸おでかけtabiwaパスです。
 
今年の3月まで北陸おでかけパスが発売されたのですが、4月からはアプリのみの発売になりました。(アプリでの発売そのものは昨年から売っていました)
 
購入方法はアプリのみなのは冒頭で記述した通り。
 
購入期限は使用日の3日前までという条件と使用日は土・日・祝日のみということ、在来線特急に乗車の場合、別に特急料金を払えば特急に乗車できるのはこれまでの北陸おでかけパスと同じです。

しかし、違う点があります。まず、発売金額は2,450円と北陸おでかけパスの2,580円より安くなっていることと、クレジットカード払い専用であること、フリー区間が若干狭くなっていることです。

 
Tabiwahokurikuodekakearea この図は北陸おでかけtabiwaパスのフリー区間です。
 
具体的に狭くなったのは敦賀―長浜間がエリアから外れてます。
(この図では七尾ー和倉温泉間はJR西日本の区間にしていますがこの区間はのと鉄道ではと思われますが、この区間はJR西日本の路線でもあります。のと鉄道の車両でもこの区間は青春18きっぷやJRのフリーきっぷの類で乗車できるのもJR西日本の路線だからです。)
 
Tabiwahokurikuodekake2 さて、アプリを使ってみました。
 
アプリの「使用する」ボタンをタップして左のように表示して係員に見せるのですが、図はスクショなので止まっていますが、時刻のカウンターやバックの「tabiwa」の文字が動いていてスクショではなく実際のチケットであると証明することで不正使用を防いでいます。
 
とは言うものの私の様に駅が来ると下車を繰り返すものにしてみればアプリの起動するのも面倒なうえ表示に時間がかかる、かといってずっとカウンターが回っているので通信が続いているのでパケット量を気にしないといけないので、私のような人種は紙のきっぷの方が使い勝手がいい。
 
ただ、係員はこのアプリ乗車券について周知が徹底されているのですぐに改札を通してくれました。
その点は評価できます。

契約者が表示されるのでここでは名前を消させていただいています。

紙のきっぷの頃は自動改札が使えたけれど、(北陸で自動改札のある駅が少ないとは言え、)自動改札が使えないのは痛いです。
特に金沢駅で使えないのはつらく、利用者が多いだけに下車時刻によっては数分待たされます。
ただ、私の様に従来の発売エリア外に住んでいる人間が発売場所を気にせずに購入できるのはありがたい話ではあります。

2023年1月20日 (金)

大阪発サイコロきっぷ(2023年冬版)

Dice2023w_202301280738012月5日までエントリーできる1月27日午後11時30分までエントリーできる(発売期間は2月12日まで)大阪発サイコロきっぷです。
 
写真を見ての通り、出雲市行きのきっぷです。
昨年の夏に大阪発サイコロきっぷ(第1弾)、秋に広島発サイコロきっぷ(第2弾)がありました。

第1弾の大阪発サイコロきっぷの購入を見送ったのは行き先が、芦原温泉駅、餘部駅、東舞鶴駅、倉敷駅、白浜駅、尾道駅、博多駅と18きっぷで行っても日帰りで往復出来そうなところばかりで5,000円かける価値が無いと判断したためです。
第2弾の広島発は広島に住んでいないので出発地に行くのにお金がかかるので見送りました。

今回は冬場で行動する人が夏程いないことを見こしたせいか、意外と遠距離です。
 
私の中で今回のきっぷのハズレは加賀温泉です。
(理由は前述の通り、18きっぷで行っても日帰りで往復できるから)
 
今回の目的地は加賀温泉、出雲市、湯田温泉、博多で確率は加賀温泉と出雲市は3分の1ずつ湯田温泉は9分の2、博多は9分の1です。
このきっぷを買うのにまずエントリーが必要でJR西日本のスマホアプリWESTERを入れないといけません。また、e5489の会員にならなければきっぷの購入ができません。
 
このきっぷのためにWESTERのアプリを入れました。
 
ちなみに決済はクレジットカードのみです。
 
エントリーをするのにまず、4,500円が決済されます。
エントリーをした後のキャンセルは一切できません。
(だから、私が今までこのきっぷの購入を見送ったわけです。)
そして、エントリーが終わると、メールが届きます。
そこで初めてサイコロがふれるのですが、サイコロがふれるのは1回のみです。
(お金を払っても2回目はありません)
この時に500円が決済されます。
 
そして、先程の確率で行先が決まりますが、私が出たのは出雲市駅です。
これは特急券も含んで往復で5,000円ですが途中下車できる駅は米子駅のみです。
そして、米子駅で途中下車をしたら、出雲市までは普通列車で行かないといけません。
(米子で途中下車をして、出雲市まで特急で移動するなら特急料金を支払う必要があります。)
 
ちなみに他の目的地の場合、湯田温泉は新山口のみ途中下車ができ、ここだけ、新山口で途中下車をしてもしなくても新山口から湯田温泉までは普通列車のみです。加賀温泉は福井駅のみ途中下車ができます。博多駅の場合は途中下車はできません。(どれも下車前途無効です)
 
私は日帰りで往復しましたがきっぷの有効期間は3日間です。
だから2月10日から12日までの2泊3日の旅行もできます。
個人的には途中下車駅は米子ではなく松江駅なら途中下車をしていたと思います。
 
ただ、車いす利用者は特急やくもに車いす席がないのでもしかしたら出雲市がハズレかもしれません。
(出雲市駅も米子駅もエレベーターはあるのですが…)
 
実はこの記事を投稿している時点ではまだサイコロきっぷを所持しているだけで使っていません。
(ですので乗車日を消しています。)
障害者割引が使える方も特急料金込みの5,000円は破格の値段なのは間違いありません。

2021年9月29日 (水)

ひろしま1デイきっぷ

Hiroshima1day e5489専用で前日までに購入する必要のあるひろしま1デイきっぷです。
乗車日は土・日・祝日限定で私が購入した時は9月26日までの期間限定でしたが、乗車日直前になって発売期間延長のアナウンスがありました。
(ただし、きっぷの値段が2,200円から2,500円に変更されるので、写真のきっぷの値段と異なります。)

フリー区間は広島県内を走るJR各線ですが、例外として岩国以東がフリー区間に入っています。
(岩国観光を視野に入れているせいか、山陽本線の運行区間が岩国を境にしているせいなのか分かりかねますが…)
JR西日本宮島フェリーはフリー区間に入っていません。
 
以前紹介したetSETOra(エトセトラ)の乗車券部分はこれを使いました。
etSETOraは指定席グリーン車のため、期間限定で発売される青春18きっぷ及び秋の乗り放題パスでは乗車できないので復路も呉線経由で運行する次の18きっぷシーズンを待たずにこのきっぷを選択しました。

きっぷの受け取りは当日でもできるのですが、受け取り場所が岡山・広島・山口地区のみどりの窓口やみどりの券売機になっているため、広島に到着してからきっぷを受け取りました。
現在、橋上化駅舎工事中の西広島駅で引き換えました。
 
広島駅基点で尾道まで1,520円、岩国まで770円、忠海(大久野島への航路の最寄り駅)まで1,340円とちょっと頑張れば障害者割引を受けられる方でも元は取れますが、バリアフリー化されていない駅も結構多いのでバリアフリー度は★★と低めです。

2021年9月28日 (火)

新幹線直前割きっぷ

Shinkansenchokuzenwari e5489専用で乗車日の3日前から前日までの3日間だけ発売される新幹線直前きっぷです。
投稿時点で11月28日までの金・土・日・祝日と11月4日と22日に乗車できます。
また乗車列車は山陽新幹線のひかりこだまです。
くどいようですが、東海道新幹線は乗れないし、山陽新幹線でものぞみ・みずほ・さくらには乗車できません。

e5489専用なのでe5489の会員になる必要があります。
さらにクレジットカード決済オンリーなのでハードルが高いです。
個人的にインターネットでクレジットカード決済に抵抗があるのですが仕方がありません。
しかし、格安なのが魅力的です。
大阪市内からだと岡山まで3,900円、広島まで6,200円、小倉8,200円、博多8,400円(いずれも指定席乗車・片道のきっぷ)と障害者割引を利用できる方でもこちらを使った方が安いです。
注意しないといけないのは大阪市内や広島市内、神戸市内と乗車地に市内駅が表示されていますが、大阪市内なら大阪市内にあるJRの任意の駅から乗車してもいいのですが、このきっぷはJR西日本の企画乗車券になるので、小倉と博多発着はあくまでも小倉駅と博多駅であって、北九州市内や福岡市内ではないこと。
小倉や博多から北九州市内の駅や福岡市内の駅まではJR九州のエリアになるのでこのきっぷの効力がありません。よって、小倉・博多駅から別途運賃がかかります。

ネット予約限定ですが、予約時にシートマップから好きな座席を選べるので(もちろん、どこでもいい方もいるでしょうからコンピューター任せでもできます。)隣近所に誰もいない席も選べます。
写真の分は往路ですが、隣近所に誰もいないまま購入期限が来たようで本当にガラガラの状態で乗車できました。
もちろん、ガラガラにはそれなりの訳があって、乗車した列車であるひかり591号は私が乗車した区間(新大阪―広島)で通過した駅は新倉敷と新尾道の2駅だけ。しかも、下車した広島で後から来たさくらに道を譲ります。
普通ならひかりもさくらも通常運賃・料金は同じで、さくらの場合、指定席でも2+2のシートで同じ指定席とは思えないくらい豪華です。
反対に復路で乗車したのは新大阪行き最終ひかりである、ひかり594号は往路では停車していた西明石・相生・三原・東広島を通過し、所要時間も1時間33分と往路よりも12分短いです。なので、復路は結構混んでいました。
のぞみ・みずほ・さくらと比べると人気がないので解釈を変えるとソーシャルディスタンスが保てるのも今のこのご時世ではメリットになり得ます。

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック