e5489専用

2021年9月29日 (水)

ひろしま1デイきっぷ

Hiroshima1day e5489専用で前日までに購入する必要のあるひろしま1デイきっぷです。
乗車日は土・日・祝日限定で私が購入した時は9月26日までの期間限定でしたが、乗車日直前になって発売期間延長のアナウンスがありました。
(ただし、きっぷの値段が2,200円から2,500円に変更されるので、写真のきっぷの値段と異なります。)

フリー区間は広島県内を走るJR各線ですが、例外として岩国以東がフリー区間に入っています。
(岩国観光を視野に入れているせいか、山陽本線の運行区間が岩国を境にしているせいなのか分かりかねますが…)
JR西日本宮島フェリーはフリー区間に入っていません。
 
以前紹介したetSETOra(エトセトラ)の乗車券部分はこれを使いました。
etSETOraは指定席グリーン車のため、期間限定で発売される青春18きっぷ及び秋の乗り放題パスでは乗車できないので復路も呉線経由で運行する次の18きっぷシーズンを待たずにこのきっぷを選択しました。

きっぷの受け取りは当日でもできるのですが、受け取り場所が岡山・広島・山口地区のみどりの窓口やみどりの券売機になっているため、広島に到着してからきっぷを受け取りました。
現在、橋上化駅舎工事中の西広島駅で引き換えました。
 
広島駅基点で尾道まで1,520円、岩国まで770円、忠海(大久野島への航路の最寄り駅)まで1,340円とちょっと頑張れば障害者割引を受けられる方でも元は取れますが、バリアフリー化されていない駅も結構多いのでバリアフリー度は★★と低めです。

2021年9月28日 (火)

新幹線直前割きっぷ

Shinkansenchokuzenwari e5489専用で乗車日の3日前から前日までの3日間だけ発売される新幹線直前きっぷです。
投稿時点で11月28日までの金・土・日・祝日と11月4日と22日に乗車できます。
また乗車列車は山陽新幹線のひかりこだまです。
くどいようですが、東海道新幹線は乗れないし、山陽新幹線でものぞみ・みずほ・さくらには乗車できません。

e5489専用なのでe5489の会員になる必要があります。
さらにクレジットカード決済オンリーなのでハードルが高いです。
個人的にインターネットでクレジットカード決済に抵抗があるのですが仕方がありません。
しかし、格安なのが魅力的です。
大阪市内からだと岡山まで3,900円、広島まで6,200円、小倉8,200円、博多8,400円(いずれも指定席乗車・片道のきっぷ)と障害者割引を利用できる方でもこちらを使った方が安いです。
注意しないといけないのは大阪市内や広島市内、神戸市内と乗車地に市内駅が表示されていますが、大阪市内なら大阪市内にあるJRの任意の駅から乗車してもいいのですが、このきっぷはJR西日本の企画乗車券になるので、小倉と博多発着はあくまでも小倉駅と博多駅であって、北九州市内や福岡市内ではないこと。
小倉や博多から北九州市内の駅や福岡市内の駅まではJR九州のエリアになるのでこのきっぷの効力がありません。よって、小倉・博多駅から別途運賃がかかります。

ネット予約限定ですが、予約時にシートマップから好きな座席を選べるので(もちろん、どこでもいい方もいるでしょうからコンピューター任せでもできます。)隣近所に誰もいない席も選べます。
写真の分は往路ですが、隣近所に誰もいないまま購入期限が来たようで本当にガラガラの状態で乗車できました。
もちろん、ガラガラにはそれなりの訳があって、乗車した列車であるひかり591号は私が乗車した区間(新大阪―広島)で通過した駅は新倉敷と新尾道の2駅だけ。しかも、下車した広島で後から来たさくらに道を譲ります。
普通ならひかりもさくらも通常運賃・料金は同じで、さくらの場合、指定席でも2+2のシートで同じ指定席とは思えないくらい豪華です。
反対に復路で乗車したのは新大阪行き最終ひかりである、ひかり594号は往路では停車していた西明石・相生・三原・東広島を通過し、所要時間も1時間33分と往路よりも12分短いです。なので、復路は結構混んでいました。
のぞみ・みずほ・さくらと比べると人気がないので解釈を変えるとソーシャルディスタンスが保てるのも今のこのご時世ではメリットになり得ます。